トップページ < 在留許可・VISA取得 < 永住者許可申請

永住者許可申請 永住資格取得の御案内

究極資格”永住資格”取得のための手続です。

”永住”ですので、日本国籍取得とは異なります(日本国籍取得は”帰化申請”になります)

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ



































Translation ↓



EXCITE 翻訳







































































         


通常処理期間 4か月〜半年
必要書類枚数 20種類〜約40種類
難易度 ★★★★★ 最難関


この”永住者”資格の取得については、在留資格の中で”究極”とも言える資格
で、この資格さえ取れればほぼ日本人と同様の生活が出来るようになります


とは言っても、参政権はありませんし、公務員については上級職に就けない場合が
ありますが、基本的に就労に関しては制限は無くなりますので、どのような仕事を
しても大丈夫です


ただこの資格についてはハードルが高く、しかも入国管理局の許可についても個別
で検討されるため、許可が出るまでには半年以上の時間が掛かりますし、必ず許可
されるという保証はありません


しかし現在の在留資格(永住者以外)から永住許可申請を出したとしても、現在所
有している資格には、何の影響もありませんので、条件が整えば申請する価値はあ
ると思われます。


永住者資格を取得しても、外国籍であることには変わりがありませんので、在留カ
ードが携帯しておかなければなりませんし、場合によっては強制送還もあり得ま
す。


その不便さを抜け出すには、最終の”帰化申請”によって日本国籍を取得すること
を考えなければなりません。



 永住者許可申請の概要


特徴なのは就労制限が無くなるという事になりますが、就労制限については”永住者”のほかに”日本人の配偶者等””永住者の配偶者等””定住者”というものがあります。


これらの在留許可は、自分の身分が変わったことにより発生した事情で、現在の在留許可を変更する事になるのですが、これらの資格があれば、どんな仕事も出来るようになります。


”永住者”については、当然新しく海外から来られる外国籍の方に与えられるはずはありませんので、”在留資格認定証明書”で日本に入国することは当然出来ません


永住者許可の要件としては・・・


1 素行が善良であること


2 独立の生活を営むのに足りる資産又は技能を有すること


3 法務大臣が、その者の永住が日本の利益に合致することと認めること


特にこの1の要件が重要になります。


帰化申請と共通するところなのですが、要は”今まで真面目に、人に迷惑かけずに日本で生活してきましたか?”というところが重要で、刑法犯は取得が難しいのはわかりやすいのですが、よくあるのは交通違反があると認められないという話を聞いたことがあるかもしれません。


軽微な交通違反については、おそらく問題は無いと思われるのですが、飲酒運転や免許取消レベルの交通違反については、申請しても許可は非常に難しいと思われます。


ただ、永住者申請しても、現在の許可に変更は無いので、一度アタックしてみてもいいかもしれません。


これ以外にも、


1 原則として10年以上継続して日本に滞在していること


2 日本人、永住者などの配偶者については、結婚後3年を経過して日本に滞在していること

3 連れ子などは1年以上滞在していること


4 現在”定住者”の資格を持っている人は、その資格取得後5年以上滞在していること


などの条件を満たさなければなりません。




 永住者許可手続の流れ



1 業務の依頼


まずは当事務所に御依頼を頂きます。


初めの御相談については電話・メールでもお受けいたしておりますが(相談無料)、実際に御依頼頂くときには、必ず本人と面談させて頂いてから、実際に業務を開始するかどうかを判断させて頂きます(電話・メールだけによる御依頼についてはお断りさせて頂いております)。


永住者許可申請は、通常の在留許可申請に比べて、かなり時間が掛かります


その為期間については余裕をもって御依頼頂ければ幸いです。


例えば、日本の永住を決めたため、家を購入しようとしても、大抵住宅ローンについては、帰化しているか永住者許可が無いとローンの許可が下りない可能性があります


その上で契約書を作成して、御署名頂いたのち準備に入ります。


その後、当事務所の報酬の半額をお支払頂きましたら、書類作成に取り掛かります。




2 永住者許可申請書作成


業務依頼後書類の作成に掛かります。


永住許可申請は、理由書の作成が重要になります。


その為申請書作成から、証拠資料の収集などで少し時間を頂く事になります。




3 永住者許可申請


書類が完成しましたら、入国管理局に申請します。


当事務所は申請取次の資格を持っていますので、本人が入国管理局に出向く必要はありませんが、状況によっては本人と一緒に申請する方がいい場合があります。


その際には一緒に入国管理局に申請に行きます。




4 永住者許可決定


認められると、新しい在留資格の在留カードが発行されますのでお渡しします。



報酬表


永住者許可申請 当事務所報酬
140,000円〜
永住者許可申請 申請手数料
8,000円

(税抜き価格)


 公的書類取り寄せの際の手数料は別途掛かります。


 交通費、場合によっては日当については別途必要になります。


但し事前にお伝えいたしますので、納得の上でご了解いただきますようお願い申し上げます。

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.