トップページ < 各種許認可 < 運送業許可申請 < 自家用自動車有償貸渡業許可申請

自家用自動車有償貸渡業許可申請 レンタカー事業許可申請

専門レンタカー会社でなくても、個人でも許可申請は出来ます。

代車対応が必要な会社については、この許可があれば有償で自動車を貸すことが出来ます。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ

























































         


通常処理期間 約1か月
必要書類枚数 10種類前後
難易度 ★★★☆☆(難) 


自家用自動車貸渡業許可申請とは、簡単に言うとレンタカー事業許可の事を言いま
す。


有償で自己の保有する自動車を御客様に貸し出す事業を行うには、運輸支局を通じ
国土交通大臣の許可が必要になります。


ただ、すべての種類の自動車を貸渡し出来るわけではなく、乗車定員30人以上のバ
スや霊柩車といった車両については貸し出すことが出来ません。


それさえ気を付ければ、1台からでも営業出来ます。


また、個人・法人どちらでも申請出来ます


大手のレンタカー会社が何社かありますが、そんな大掛かりな形態を考えなくて
も、例えばガソリンスタンドや自動車整備工場などで、御客様の代車として空いて
いる自動車を何台か保有している場合、この許可を取れば、御客様に有償で代車を
貸渡することが出来るようになります。


この許可自体は、一度取得してしまえば更新の必要はありませんので、営業を廃止
するまで続けることが出来ます。


しかし、毎年貸渡実績報告書事務所別車種別配置車両数一覧表を提出しなければ
なりません。





報酬表



新規自家用自動車有償貸渡業許可申請  当事務所報酬 
120,000円〜
新規自家用自動車有償貸渡業許可申請 登録免許税
90,000円
自家用自動車有償貸渡変更許可申請 当事務所報酬
60,000円〜
(以上税抜き価格)


Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.