トップページ < 民事信託 < 信託例8

民事(家族)信託

最近始まった新しい信託(相続)制度です。

今までの相続の概念が全く変わります。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ




















  
 


































































例題 8
不動産が共有になってる方


   

 問題点

この一家は共有で賃貸アパート所有しています。所有割合は父が60%、母が20%、長
男が20%の割合で所有しています。父は老朽化したこのアパートの売却を考えている
のですが、他の母と長男は大規模な修繕をすれば、まだ賃貸できると考えています。父
が認知症などになった時のことを考えて、今後のこのアパートの管理をどうするか悩ん
でいます。



 現行民法では


まずアパートの売却については、共有者全員の承諾が必要です。更に大規模な修繕
も全員の同意が必要です。このような状態で仮に入居者が来た場合、賃貸借契約を
母が認知症になってしまうと、もう売却はすぐに出来ません。


まず子供のどちらかに成年後見人になってもらって、その方が母の資産を管理しま
す。


手続にかなり費用が掛かるのと、成年後見監督人を選任すると、定期的にその方へ
の報酬が発生してしまいます。


また成年後見人になると、定期的に裁判所に報告書を提出しなければなりません。


認知症になってから、施設に入所する為に自宅を売却しようとしても、簡単には出
来ないので、裁判所の許可のもと売却することになります。


更に母としても、認知症になっていないのに家を売却することに抵抗があり、施設
に入っても、たまには自宅でゆっくりしたいと考えていますが、元気なうちならい
いにしても、成年後見されてしまうと、それもままならなくなります。



民事信託では



一般的な解答です。


まず

・委託者=母

・受託者=長男

・受益者=母

で家族信託契約を締結します。


契約後、自宅を信託登記します。


母が元気なうちはその家で暮らして頂きます。


その後母の調子が悪くなり、施設の入所費用捻出のため、長男が自宅を売却するこ
とが出来ます。


慌てなくていいのなら、しばらくは長男が自宅を管理して、時期が来たら長男の意
思で自宅を売却することが出来ます。


その売却代金は、母の施設のためにどこの許可も得ずに使用することが出来ます。


母に認知が入ってしまっても、たまには自宅へ戻らせたいという事であれば、慌て
て売却しなくても大丈夫です。


成年後見されてしまうと、その売却代金も自由に使うこと実際は出来ません。


母が亡くなったとしても、その自宅をどうするかを長男と長女で決めておいて、例
えば賃貸にするという事であれば、すぐに賃貸に出す事も可能です(相続財産から
外れるためです)。


また長男と長女で協力して管理すれば、信託財産監督人も必要ないので、特に維持
のための費用は掛かりません。


この他にもいろんなパターンが考えられますが、その家によって少し契約内容が変
わります。

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.