トップページ < 民事信託 < 信託例6

民事(家族)信託

最近始まった新しい信託(相続)制度です。

今までの相続の概念が全く変わります。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ




















  
 


































































例題 6

アパートやマンションを個人で所有している方



   

 問題点

父は賃貸アパートを個人で所有しています。


現在は自分で物件を管理していますが、もし自分が認知症や寝たきりになったらどうな
るのかを心配しています。


かと言って、生前に長男に贈与すると、多額の贈与税がかかってしまいます。


賃料も父の口座に入っているので、成年後見してしまうと、口座からお金を引き出しに
くくなってしまいます。


何とかうまく子供に賃貸物件を譲渡する方法はないだろうか?



 現行民法では


父が認知症になってしまった段階で、成年後見を使わなければ資金の管理が出来な
くなるが、それよりも、物件の修理や管理、売却についても全くできなくなってし
まいます。


成年後見は財産管理が主な仕事なので、物件の売却については父のために使うとい
う余程の理由が無いと、裁判所は認めてくれません。


成年後見人は物件の修繕などをしようとしても、いちいち裁判所の許可が必要にな
ります。


物件からの収益は、後見支援信託口座に入りますが、この資金も使おうとするには
裁判所の許可が必要です。


また父が死亡すると、遺産分割協議で物件の名義変更などに時間が掛かる為、その
間物件管理が滞ってしまう。


しかも父が遺言書を書いていればいいが、書いていないとなおさら時間が掛かる。



民事信託では



一般的な解答です。


まず

・委託者=父

・受託者=長男

・受益者=父

で家族信託契約を締結します。


契約後、賃貸アパートは信託登記をします。


父が元気な時は、父がアパートの管理をしてもいいですし、長男に管理権限が移っ
た以上、長男が行なっても構いません。


銀行に信託口口座を作り、そこに賃料を入れるのですが、その口座の収入を長男が
父に定期的に渡せます(どこの許可も必要ありません)。


管理権が長男に行った以上、アパートの修繕なども長男の判断で出来ます。


もし父が亡くなっても、特に相続手続は必要ありません。


契約に例えば、”父死亡後は長男と長女の共同で物件を管理する”などと入れれ
ば、長女にも賃料収入を渡すようにすることも出来ますし、父の死亡を原因とし
て、信託契約を解約し、残余財産を長男に渡すという事も出来ます。


父死亡後のアパートをどうするかは、長男と長女で父の生前に話しておけばいいの
で、その内容に従って契約を考えます。


この他にもいろんなパターンが考えられますが、その家によって少し契約内容が変
わります。

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.