window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-112383742-1');            
     トップページ < 民事信託 < 信託例1

民事(家族)信託

最近始まった新しい信託(相続)制度です。

今までの相続の概念が全く変わります。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ

























































































例題 1

障がい者の子供を持つ高齢の親御さん







   

 問題点

障がい者の子供を持つ一郎さんがいます。


一郎さんが高齢になってきたため、生涯を持った子供の行く末を心配しています。母の
花子さんも高齢なので、2人とも何かあったとき、太郎さんがどうなるか心配していま
す。


幸いにも太郎さんに弟の二郎さんがいて、その子供(太郎さんのいとこ)の三郎さん
が、太郎さんの面倒を看てもいいと言ってくれています。


この場合、どのようにして太郎さんの今後を考えていけばいいでしょうか?



 現行民法では


一郎さんは遺言で、すべての資産をまず花子さんに相続させる内容で作る。


同時に先に花子さんが亡くなることも考えて内容を検討する(花子さんも亡くなっ
た段階で、資産はすべて太郎さんに渡る)。


資産はまとまった金額で、一気に全額が振り込まれる。


太郎さんは裁判所に成年後見の申請を行い、まず一郎さんが太郎さんの成年後見人
に指定してもらい、一郎さんが死亡した後、成年後見人を三郎さんに変更する。


但し太郎さんが成年後見に指定された以上、太郎さんの資産はいちいち裁判所の了
解を取らなければならないし(資産の運用や土地建物の売却は実質的に許可は出ま
せん)、資産を後見支援信託財産(民事信託とは関係ありません)に預けなければ
ならない。


三郎さんに報酬も出せるが、報酬額は裁判所が決めるので、恐らく少額しかもらえ
ない。


三郎さんは毎年裁判所に報告書を提出しなければならない。


一郎さんが手続(遺言書作成・成年後見申請)前に認知症になると、何も手は打て
なくなる。



民事信託では



一般的な解答です。


まず

・委託者=一郎さん

・受託者=三郎さん

・受益者=当初は花子さん後に太郎さん

で家族信託契約を締結します。


その後所有する土地・建物を信託登記し、現金を一部信託財産にします(一部は自
由に一郎さんが使えるお金として置いときます。信託財産化すると相続財産から外
れます)。


一郎さんが元気なうちは、自分で管理します(三郎さんの許可は必要ありませ
ん)。


一郎さんが認知症ないしは死亡した場合、管理は三郎さんが始めます。


土地建物は花子さんと太郎さんが以前通りに住み続けられます。


また生活費も自分で使ってもらえます。


その後花子さんが認知症または死亡した時、三郎さんが本格的に動き出します。


信託財産化したお金については、定期的に太郎さんの生活費として、施設等に渡し
ます。


もし三郎さんが信用できないと一郎さんが考えたときは、信託監督人を置いて監視
してもらう事も出来ます。


その後太郎さんも死亡した場合、残余財産は受け取る人がいなくなるため、施設か
三郎さんに渡すことが出来ます(何もしなければ、国庫に入ってしまいます)。


この他にもいろんなパターンが考えられますが、その家によって少し契約内容が変
わります。

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.