window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-112383742-1');       window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-112383742-1');                                                                                                                                                 
     トップページ < 会社団体設立 < 有限責任事業組合(LLP)設立

有限責任事業組合(LLP)設立の御案内

正確に言うと法人ではありません。組合になります。

しかし法人と組合両方のメリットを持つ法人形態です。

トップページ
相続 遺言
家族信託 民事信託
在留許可申請
帰化申請
内容証明
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ






























































































































 これから新しく会社を起業して事業を始めようとする皆様を応援致します。


 作られる企業形態をどのようにするのかで、その後の皆様の活動も変わってきます。


 会社設立手続は当事務所にお任せいただいて、皆様は新たな事業が成功することだけに集中して努力されることを願います。






通常処理期間 2週間〜3週間(届出)
必要書類枚数 10種類〜約30種類
難易度 ★★★☆☆ (


 

有限責任事業組合は、正確に言うと会社ではなく”組合”です。

しかし組合とは言いながら、法人のメリットを一部持ち合わせている形態で、起業する時に場合によっては株式会社よりもこちらの方が向いていることがあります。

まだ知名度が高いとは言えない組織ですので、一般の方はどういう組織なのかわかりにくいかもしれませんが、内容としては事業協同組合のように、小事業者が集まって大きな仕事を行う時に有利に働きます。



 有限責任事業組合(LLP)設立のメリット


 出資金以上に責任は取らなくていい(民法上の組合は無限責任です)


 出資額の多少に関係なく、1人1票の議決権がある


 最低2人の組合員と2円以上の出資があれば設立可能


 パス・スルー課税(LLPに課税されずに、配当を受けた組合員に直接課税される)のため、法人税との二重課税はない


 手続は比較的容易


 設立費用が安い(登録免許税の60,000円だけで済みます)



などがありますが、逆にデメリットとしては

 有限責任事業組合(LLP)のデメリット


 組合である為、法人格が取得できない


 存続期間を決めなくてはならない(半永久的にという事は出来ませんが、延長は可能です)


 組合を主体として許認可が必要な事業については、組合自体で許認可を申請することが出来ない


 組合員である以上、全員が参加して事業を行う必要があります(お金だけを出すという人は、組合に参加することは出来ない)




これらのメリット・デメリットを比較して果たして株式会社を作るのか、若しくは合同会社や一般社団法人の方がいいのか検討する必要があります。




有限責任事業組合(LLP)設立の流れ



@ 発起人の募集・



 

まずはここからスタートです

気の合った仲間探しになるのでしょうが、最低2人(2社)以上の加入が義務ですので、何とかして集めます。

個人・法人誰でも参加できますが、法人格のない団体については(別の組合など)参加することは出来ません。



A 基本事項の決定





発起人が決まると各種書類の作成に取り掛かります。

まずは同一市町村に似たような名前が無いかどうか法務局で調べます。

また組合名の中に、必ず”有限事業責任組合”の文字を入れなければなりません。

そのあと出資者間で

・目的

・本店所在地

・存続期間

・出資金をいくらにするか

など細かい事項を決めていきます。



B 組合契約書の作成




内容が決まれば、組合契約書を作ります。

同時に法人印も作成しておきます。

この組合契約書が、株式会社で言う定款みたいなものになりますので、しっかりと相談して内容を決定して下さい。



C 出資金の払い込み・登記申請





組合契約書で決めた出資金をあ払い込みます。

出来れば誰かの口座に振り込むことで証明します。

新しい口座を作ってもいいですし、今ある口座を使っても結構なのですが、現金をもらって口座に入れると、誰がいくら預かったという証明がしにくくなりますので、出来れば振込にしておけば、内容が通帳に残るので、その方が無難だと思います。

払い込みが終わると、法務局に登記申請します。



D 各種成立後の手続





無事に登記が終わると、組合成立です。

その後、もし専業でその組合の為に従業員を雇用するのなら、税務署への届けが必要になります。

他にも公共職業安定所・社会保険事務所などに届けを出す必要が出るときがあります。






報酬表


有限責任事業組合(LLP)設立手続 当事務所報酬 ※1
70,000円〜
有限責任事業組合(LLP)設立手続 公証役場定款認証費用
0円
有限責任事業組合(LLP)設立手続 定款印紙代
0円
有限責任事業組合(LLP)設立手続 登録免許税 
60,000円
法務顧問契約 当事務所報酬(月額) ※2
30,000円


※1 登記については、司法書士に依頼しますので、別途費用が若干掛かります


※2 この費用の中にメール・電話等での相談料が含まれています(回数無制限)。

   その中で当事務所が行う手続きについては、すべて10%引きで対応致します(社員様もすべて対応致します)。

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.