トップページ < 各種許認可 < 運送業許可申請 < 一般乗用旅客自動車運送事業許可申請(個人タクシー)

一般乗用旅客自動車運送事業許可申請 個人タクシー許可申請の御案内

個人タクシー営業をお考えの方は、こちらの許可になります。

ただ地域で営業できる台数が決まっていると、許可が出ない事もあります。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ

























































         


通常処理期間 約3か月以上
必要書類枚数 10種類以上
難易度 ★★★☆☆(難) 


現在タクシー会社に雇用されていて、そこから独立して個人でタクシー業を営もう
とされる時は、運輸支局を通じて国土交通大臣の許可を得なければなりません。


個人タクシーを営む際には、法人タクシー許可申請と似た手続になるのですが、個
人タクシーにしかない条件もあります。


タクシー会社に10年以上雇用されていた(35歳以上の人は、逃げ道の条件もあり
ます)、第二種運転免許証を持っている人がまず対象となります。


それ以外にも、営業区域や資金計画、営業所、自動車用車庫、本人の健康状態など
ハードルを越えることができたなら、最終的に運輸局長が実施する試験に合格すれ
ば、あえて個人タクシーの営業が出来る事になります。


健康面で問題なければ、本人の頑張り次第で収入も伸びますし、75歳まで(一応の
定年)働けるだけ働いて、頑張って稼いで頂ければ嬉しい限りです。





報酬表



新規一般乗用旅客自動車運送事業許可申請
(個人タクシー)
当事務所報酬 
300,000円〜
新規一般乗用旅客自動車運送事業許可申請
(個人タクシー)
申請手数料
15,000円
(以上税抜き価格)




 

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.