window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-112383742-1');                                                                                                 
     トップページ < 帰化申請

帰化 帰化申請の御案内

日本国籍の取得をお考えの方につきまして、膨大な書類の作成のお手伝いをさせて頂きます。

帰化申請は時間が掛かりますので、早めの御相談をお待ち申し上げております。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
民事信託 家族信託

在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ










































通常処理期間 1年1年半
必要書類枚数 50種類〜80種類
難易度 ★★★★★ (最難関


日本国籍をお持ちでない方(外国籍の方)が日本国籍を取得しようとする際には、法務局(地方法務局)にて、法務大臣の許可を得なければなりません。


日本国籍を取得する理由は、その人により様々なのですが、特に就職や結婚の際に外国籍では相手様の理解を得られない(結婚については、相手の家族が気にすることがありますし、就職では公務員を希望される場合、外国籍の方の待遇は日本国籍の方の待遇と変わることがあります)場合、日本国籍を取得した方がいいこともあります。


まず先に話をすると、法務局の相談から申請・面接等、順調に手続が進んだとしても、最低1年ぐらいの期間が掛かることは覚悟して下さい。


ですから、いずれ日本国籍を取得しようと考えていらっしゃる方は、出来るだけ早めに動くことをお勧めしますし、仮に不許可処分になったとしても、理由によってはすぐに再申請という事も可能になることもありますので、”決めた!”と思ったら早急な行動をお願いいたします。


申し訳ありませんが、当事務所では申請書類だけを作成するというサービスは行っておりません。


書類だけを作って後は御自由にという仕事は、当事務所は行っておりません。


国籍取得は確かに頑張れば、自分でもできる申請です。


当事務所としては、最終目的は当然”日本国籍取得”になりますので、目的が達成できるまで、その責任が重くのしかかっていると考えます。


国籍取得は皆さんが考えているよりも結構難易度が高く、また文章力も問われる申請です。


書類の作成だけだと確かに費用は安く済むかもしれませんし、それでうまく日本国籍が取得できれば、お買い得になる可能性があります。


ただ、失敗した時、その後のフォローは、通常申請の倍以上の労力が必要になります。


それを行政書士のせいにされるような仕事は、当事務所は致しません。


どんな仕事でもそうですが、成功して当たり前、失敗すると相手のせいだということは、結構ビジネスの世界ではある話です。


当事務所では、高額な報酬を賜る以上、国籍取得率を出来るだけ100%に近づけるため、万全の準備を致します。


また準備の関係上、御客様の言いにくい内容のところも聞かなければならない事もあります(行政書士には守秘義務がありますので、出来ればお聞かせ下さい)。




帰化申請が認められるかどうかのポイントは”あなたは今まで日本で真面目に暮らして
きて、また今後も真面目に暮らしていくことが出来ますか?”という点です。

この点さえ間違えなければ、まず帰化申請は認められるはずです。

ですから、過去に重大な犯罪歴のある方(軽微なものについては、時間が経過していれ
ば許可がでる場合があります)、現在暴力団構成員・右翼活動員の方(まず許可は不可
能です)などの問題が無ければ、基本的に許可は出ると思ってもらっていいです。


ただこれにしても、キチンとした書類収集や申請書作成という作業の上で言えることで
すので、油断はしないように気を付けなければなりません。


申請方法としては・・・


 普通帰化





出生してから、機会があって来日し、その後このまま日本人として国籍を取
ろうとする方、若しくは両親とも外国籍の方はこちらの申請になります。


引き続き5年以上日本に住み続け、満20歳以上の方で、日本で生活していく
為の収入・資産があり、日本語の読み書きが出来る事(小学校低学年程度)
が条件です。




 簡易帰化





上記の普通帰化に比べて、条件が若干緩やかになっている帰化申請です。


規定としては細かいのですが、主に日本人と結婚された外国人配偶者や、その子供については、一定の条件の下に帰化申請が多少緩やかになっています。


ただ、日本に住んでいる期間などについては、細かいルールがありますので、これは申請者の方によって変化するものだと理解してください。




 大帰化





現状、この許可はないと思われますので、ここでは説明致しません。




報酬表




新規帰化申請(給与所得者) 当事務所報酬
250,000円〜
新規帰化申請(個人事業主・法人役員) 当事務所報酬
300,000円
新規帰化申請(特別永住者) 当事務所報酬
210,000円〜
新規帰化申請(同居の親族の同時申請)
(同時申請者が15歳以上)
当事務所報酬
1人に付き+60,000円〜
新規帰化申請(同居の親族の同時申請)
(同時申請者が15歳未満)
当事務所報酬
0円
不許可決定の再申請手続 当事務所報酬
400,000円〜
各種公的書類収集手数料 前受金
50,000円

(税抜き価格)

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.