トップページ < 各種許認可

各種許認可申請 営業許可申請の御案内

営業に必要な許認可申請を代行致します。

下記以外の許認可につきましては、一度御相談下さい。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ




















































 MENU


都道府県関係


建設業許可申請


宅地建物取引業者免許   申請


建築士事務所登録申請


測量業者登録申請


解体工事業登録申請


マンション管理業者登録申請


旅行業登録申請


登録電気工事業者登録申請


介護保険事業者申請


産業廃棄物業許可


宗教法人設立許可


学校法人設立認可申請


自動車解体業許可申請


地縁団体認可申請


建設工事等入札資格審査申請


 保健所関係


飲食店営業許可


食品製造業許可申請


旅館営業許可申請


薬局開設許可申請


医療法人設立認可申請


理容所・美容所開設届


  警察署関係


古物商許可申請


質屋営業許可申請


風俗営業許可申請


  運輸局関係


運送業許可申請


倉庫業登録申請


  税務署関係


酒類販売業免許申請


  金融庁関係


投資助言代理業者登録申請


  その他


聴聞・弁明の機会の付与手続
























































































         


会社の設立前でも設立後でもいいのですが、会社を運営していく際に、業種によっ
ては官公庁の許可が必要な場合があります。

その許可を得ていないと、営業停止処分や罰金等、最悪の場合懲役刑が科せられる
可能性があります。

開かれた行政という観点から、御自分で手続を進めていくことは、現在は確かにあ
まり困難ではないかもしれませんが、実際に手続を行っていくと、書類の多さに戸
惑ったり、また時間も掛かり、立ち上げたばかりの会社を発展させていかなければ
ならないのに、官公庁の相手に時間を取るのは、もったいないような気がします。
費用は掛かるのですが、皆様がお困りになっている手続については、当事務所で相
談させて頂きます。

詳しくは各項目をクリックして下さい。




  許認可の必要な業務


  都道府県関係



建設業を営む際に必要な場合があります。





不動産業を営む際に必要です。





1級・2級建築士事務所を営む際の申請手続です。





測量業を営む際に必要です。

(個人・法人・元請・下請の関係なしに必要です)





解体工事を営む際に必要です。





マンション管理業者登録申請

マンションの管理を営む際に必要です。





旅行業を営む際に必要です。





電気工事業を営む際に必要です。





これから介護事業を始める際に必要です。

(各種あります)





産廃業を営む際に必要です。





宗教法人を設立する際に必要な手続です。



私立学校・専門学校などを設立する際に必要です。



自動車の解体・破砕業を始める際に必要です。



自治会・町内会が法人格を取得する手続です。



建設工事等入札資格審査申請

官公庁が発注する建設工事の入札に参加する為に必要です。





 保健所関係



飲食店を始めたい方に必要です。




食品の製造・販売・処理業を始めたい方に必要です。




宿泊料をもらって人を宿泊する旅館を始めたい方に必要です。




薬局を始めたい方に必要です。




病院・診療所を始めたい方に必要です。




理容店や美容院を始めたい方に必要です。





  警察署関係




古物商・リサイクル業を始める際に必要です。




質屋を始める際に必要です。




風俗営業許可申請

風営法第2条第1項以下の業種を始める際には必要です。






  運輸局関係





運送業を始める際に必要です。

(細かい種類がありますので、クリックして確認してください)




倉庫業を始める際に必要です。






  税務署関係





酒類販売業(酒屋さん)を始める際に必要です。





  金融庁関係



投資助言・代理業を始める際に必要です。




  その他



聴聞・弁明の機会の付与手続

行政庁からの不利益処分に関する手続です。




Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.