トップページ < 各種許認可 < 医療法人設立認可申請

医療法人設立 診療所開設手続の御案内

医療法人申請は、タイミングを間違えると認可までの時間が掛かります。

書類作成も難易度が高いので、早めの御相談をお待ちいたしております。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ







































































































         


通常処理期間 最低4か月〜半年以上
必要書類枚数 10種類以上
難易度 ★★★☆☆(難) 診療所開設
★★★★★最難関) 医療法人設立


医師・又は歯科医師が新しく(医師でなくても可能ですが)診療所を開設、もしくは医療法人を設立しようとする際には、保健所を通じて都道府県知事の許可が必要になります。



診療所の設立


新しく開設しようとする診療所の病床数が19床以下とそれ以上で手続が少し変
わってきます。


医師・歯科医師本人が診療所を開設する際には、事前に保健所で打ち合わせをし
た後、開設後10日以内に開設届を提出すればいいのですが、有床施設の場合は
開設届を提出するのと同時に、施設使用許可申請書を保健所に提出しなければな
りません。


医師・歯科医師以外の者が診療所を開設しようとする際には、事前に保健所の許
を得ておかなければなりません。 



医療法人の設立


医療法人化すると、税金面で有利になるだけでなく、本業以外に介護サービスな
どの分野に参入しやすくなります。


またお子様が医師として自分の医院・病院を引き継ぐ時には、個人診療所と比べ
事業承継が比較的速やかに移行できます。


但し、設立後の事務手続きの量がかなり増える事や、交際費の損金算入が制限さ
れるなど、多少の短所はあるのですが、イメージの問題や社会保険に加入するこ
とで、従業員に対するイメージは上がると思われますので、もしできるのなら医
療法人化されるのがよろしいかと思います。


申請するタイミングは、愛知県は年2回開かれる設立事務説明会に出席し、書類
を作成した後、年4回ある申請のタイミングに合わせて準備しなければなりませ
ん。


これもいきなり医療法人を作れるわけではなく、まず個人医院を2年以上開業
て、その期間黒字になっていることが絶対条件です。


作る書類量のかなりのものになりますが、すべて作成出来たら、愛知県なら健康
福祉部に提出します。


いずれの許可にしろ、周到な準備が必要です。


御相談の際には、なるべく早めに御相談頂ければと思います。




報酬表

 

医療法人設立許可申請
当事務所報酬 ※
800,000円〜
診療所開設届(保健所) 当事務所報酬
150,000円〜
保険医療機関指定申請 当事務所報酬
150,000円〜
労災指定医療機関指定申請 当事務所報酬
80,000円〜
診療所図面作成費用 当事務所報酬
30,000円

(税抜き価格)

※ この費用の中に、診療所開設届と保健医療機関指定申請料は含まれています。 


 

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.