トップページ < 各種許認可 < 運送業許可申請 < 一般乗用旅客自動車運送事業許可申請(福祉輸送限定)

一般乗用旅客自動車運送事業許可(福祉輸送限定) 福祉タクシー許可申請の御案内

福祉タクシー業を行うには、この許可が必要です。

一人でも始めることが出来ますので、お考えの方は御相談下さい。

トップページ
孤独死対策
尊厳死対策
相続 遺言
家族信託 民事信託
成年後見制度
在留許可申請
帰化申請
内容証明
離婚
交通事故
家系調査
農地転用
車庫証明 出張封印

各種許認可
会社設立 団体設立
契約書作成
法務顧問契約

瀬川のプロフィール
御依頼の流れ
報酬額
お問い合わせ
瀬川行政書士事務所の案内
対応地域

瀬川のブログ
瀬川行政書士事務所
サイトマップ

























































         


通常処理期間 約2か月
必要書類枚数 40種類前後
難易度 ★★★★☆(非常に難) 


一般乗用旅客自動車運送事業許可申請(福祉輸送限定)というのは、簡単に言うと
福祉タクシーの事を指します。


福祉タクシーの定義

1

介護保険法により、要介護・要支援認定を受けている方


2

身体障害者手帳の交付を受けていらっしゃる方


3

単独で公共交通機関を利用できない障害者の方


4

消防機関と連携しているコールセンターを通じて搬送サービスを受
けられる方



以上のような乗客の輸送を、有償で業務を行う場合に必要な許可になります。


運転手の方は、第二種免許を所有していることが条件になりますが、それ以外にも
細かい条件が必要です。


ただ、法人タクシーなどと比べて、若干条件は緩やかなところはあります。


個人タクシーで営業することは出来ますが、介護保険適応事業者の指定は法人のみ
になっていますので、介護報酬を受け取ることは出来ません(自宅からタクシーに
お乗せするとき、若しくはタクシーから目的地にお連れする際の介助費用を、請求
することが出来ません)。


また使用車両も、運転手の方が介護福祉士やヘルパーの資格をお持ちであるなら、
普通のセダン型の車両を使用することは出来るのですが(ケア輸送サービス従事者
研修を修了していればOK)、お持ちでないなら、リフトアップ等改造した車両を
使用することになります。


この事業については、法人タクシーの許可要件が5台以上必要なのに比べて、福祉
タクシーの場合は1台の車両で営業を始めることが出来ます。


この他にもいろいろ条件がありますが、自分で準備するにはかなりの書類量になり
ますので、もし御依頼を考えていらっしゃるのでしたら、早めの御相談をお願いい
たします。


詳しい一般乗用旅客自動車運送事業許可申請

福祉輸送限定・福祉タクシー)については

こちらの詳細ページも御参考にして下さい


このバナーをクリックして下さい

別ページが開きます







報酬表



新規一般乗用旅客自動車運送事業許可申請
(福祉輸送限定)
当事務所報酬 
300,000円〜
新規一般乗用旅客自動車運送事業許可申請
(福祉輸送限定)
申請手数料
30,000円
一般乗用旅客自動車運送事業譲渡許可申請
(福祉輸送限定)
当事務所報酬
200,000円〜
(以上税抜き価格)




 

Copyright(C) 2012 瀬川行政書士事務所 All Rights Reserved.